投資に役立つ最新経済ニュースをリアルタイムに配信。またいくつもの注目経済ニュースをまとめ読み
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◇米国株、4日続落 ダウ139ドル安、欧州不安で 昨年末比下落に転じる
【NQNニューヨーク=川勝充郎】7日の米株式相場は4日続落し、ダウ工業株30種平均は前日比139ドル89セント安の1万0380ドル43セントで終えた。ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数の終値は54.00ポイント安の2265.64。ダウ平均、ナスダック指数とも2月下旬以来2カ月半ぶりの安値で引けた。ギリシャなど欧州諸国の財政不安を背景に、投資家が運用リスクを回避するため株式を売却する動きが続いた。ダウ平均は昨年末比の騰落率がマイナスに転じた。
 急落の翌日とあって値ごろ感などの買いが入り、ダウ平均は小幅高に転じる場面もあったが、買いは続かなかった。前日に一部銘柄が不可解な値動きとなり、ダウ平均の下げ幅が一時998ドルに達した。誤発注が背景にあるという見方もあったが、現時点では急落の原因が分かっておらず、投資家が買いを手控えたことが相場の下げ止まらない一因だという指摘もあった。ダウ平均の下げ幅は一時280ドルに迫った。
 ダウ平均は週間で628ドル下落し、下落幅は金融危機のピークだった2008年10月以来の大きさとなった。
 朝方発表の4月の米雇用統計で雇用者数は市場予想以上に増えたが、市場の不安心理が強いため相場を押し上げるには至らなかった。業種別S&P指数は全10業種が下落。「情報技術(IT)」や「一般産業」といった業績が景気動向の影響を受けやすい業種の下げが目立った。売買高はニューヨーク証券取引所(NYSE)が約24億2000万株(速報値)、ナスダック市場は約40億5000万株(同)。
 携帯電話大手ノキアが高機能携帯電話「iPhone(アイフォーン)」や多機能携帯端末「iPad(アイパッド)」が特許を侵害しているとしてアップルを提訴したと発表。アップルが4%下げた。パソコン大手ヒューレット・パッカードやマイクロソフトなどハイテク株の下げが目立った。
 一方、前日夕に市場予想を上回る四半期決算を発表した食品大手クラフト・フーズが3%近く上昇。信用力の低い個人向け住宅融資(サブプライムローン)関連の金融商品販売に絡み米証券取引委員会(SEC)と和解に向けた協議に入ったと報じられた金融大手ゴールドマン・サックスが小じっかり。黒字決算を発表した保険大手アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)が買われた。

★日経225先物情報 ★TOPIX先物情報 ★トレーダーズマーケット ★【割安銘柄】【割高銘柄】 日経225オプション取引

スポンサーサイト
新設ファンド(5月設定分)=5月6日現在

この情報は

日経先物・オプション手口と建玉情報

http://nikkeijouhou.blog63.fc2.com/

にて掲載しています

上記にて閲覧下さい

 

[投資主体別売買動向]
*07:35JST 4月第3週:外国人投資家は総合で売り超しに転じる
投資主体別売買動向
4月19日(月)~4月23日(金)

              週間騰落率
----
  日経平均  10914.46    ▲187.72      ▲1.70%
    TOPIX       978.20    ▲ 10.64      ▲1.08%         単位 億円

         現物    TOPIX先物  225先物          総合

 外国人          ▲173         △77       ▲423              ▲519
 投信            ▲167         ▲13       △283              △103
 事法            ▲9             0        ▲16               ▲25
 生・損保        ▲384         △127        0                ▲257
 都地銀      ▲149         △18       ▲94               ▲225
 信託            ▲193         △60       △134              △1
 個人            △1471        ▲1        ▲95               △1375
 自己            ▲794         ▲260      △430              ▲624
-----

  4月第3週の投資主体別売買動向によると、外国人投資家は総合で519億円と売り超しに転じた。一方、個人投資家は1375億円と買い超しに転じた。投信は103億円と買い超し継続に。事法は25億円、生・損保は257億円、都地銀は225億円とそれぞれ売り超し継続となった。信託は1億円と小幅に買い超しに転じた。自己は225先物買いの、現物、TOPIX先物売りで624億円と売り超し継続に。この週の裁定残は、ネットベースで979億円減少の2兆4172億円となった。週間の騰落率は日経平均で1.70%の下落へ。


4月12日(月)~4月16日(金)

              週間騰落率
----
  日経平均  11102.18    ▲102.16      ▲0.91%
    TOPIX       988.84    ▲  0.58      ▲0.06%         単位 億円

         現物    TOPIX先物  225先物          総合

 外国人          △2227        ▲53       ▲846              △1328
 投信            ▲114         ▲52       △220              △54
 事法            ▲224           0        ▲18               ▲242
 生・損保        ▲231         ▲28         0                ▲259
 都地銀      ▲141         ▲4        △7                ▲138
 信託            △180         ▲523      △26               ▲317
 個人            ▲396           0        △342              ▲54
 自己            ▲1184        △662      △201              ▲321
-----
《OY》

この情報は通常

日経先物・オプション手口と建玉情報

http://nikkeijouhou.blog63.fc2.com/

にて掲載されているものです

次回以降閲覧希望の場合は

上記にて閲覧下さい

 


トヨタ自動車<7203> トヨタ自動車がミサワホームへ追加出資、出資比率27.8%まで拡大

 トヨタ自動車は28日、住宅大手のミサワホーム<1722>への出資比率を、現在の13.4%から27.8%まで高め、持分法適用会社にすることを決めた。ミサワの筆頭株主である野村プリンシパル・ファイナンスが組成するファンドが持つ普通株式のすべて(559万3000株、発行済み株数の14.4%に相当)を、子会社のトヨタホームが買い取る。譲渡時期は今年5月末の予定で、譲渡価格は未定。
 
 05年6月、トヨタが野村プリンシパル・ファイナンス、あいおい損保とともにミサワの第三者割当増資を引き受けて以来、トヨタホームとミサワは資材の共同調達、土地の共同購入などを手掛けてきた。その後、昨年暮れから今年初めにかけて、野村プリンシパル・ファイナンスからトヨタに売却の打診があったという。

 トヨタは今年10月、本体内にある住宅関連の生産・技術部門をトヨタホームに移管し、グループ内の住宅事業を同社に集約することを決めている。トヨタホームの業容を拡大するうえで、ミサワとの一層緊密な関係が必要とトヨタは判断した。今後はミサワが注力しているリフォーム事業などで、トヨタホームとの連携をいっそう強める方針だ。

(西村 豪太)


(百万円)    売 上  営業利益 経常利益  当期利益 1株益¥ 1株配¥
◎本2009.03  20,529,570 -461,011 -560,381 -436,937 -139.1 100 
◎本2010.03予 19,000,000 -10,000 100,000 90,000 28.7 50-60 
◎本2011.03予 20,500,000 350,000 480,000 350,000 111.6 50-70 
◎中2009.09  8,377,643 -136,859 -62,975 -55,986 -17.9 20 
◎中2010.09予 10,800,000 200,000 270,000 200,000 63.8 25-30 


(株)東洋経済新報社

三井住友FG<8316> 三井住友FGは前10年3月期配当を10円増配、通期100円配に

 三井住友フィナンシャルグループは前2010年3月期の期末配当を10円増配し、年間100円とすると発表した。会社側の従来計画の連結経常利益49億円、同純益22億円から、それぞれ56億円、27億円に増額修正し、それに伴い配当方針を発表した。

 三井住友FGは、09年6月と10年2月の二度にわたる巨額増資を行っており配当負担が増えるが、前09年3月期は赤字転落したことで120円から90円に配当を下げていたこともあり、増配を決めた。

 なお、この増配で配当負担は140億円増え、普通株で1200億円、優先株で80億円、配当性向は50%弱となる。かねてから、「50%が上限のメド」(車谷暢昭・三井住友銀行常務執行役員)としていた。

 なお、前期業績を上方修正した理由は、与信費用が想定よりも少なかったこと、期末の株価が安定し、株減損がほぼ消えたことなどが主因だが、前期業績には三洋電機株売却益600億円も含まれている。
(大崎 明子)


(百万円)   経常収益  業務純益 経常利益  当期利益 1株益¥ 1株配¥
連本2009.03  3,552,843 ・・ 45,311 -373,456 -497.4 7020 
連本2010.03予 3,100,000 ・・ 560,000 270,000 193.3 100 
連本2011.03予 3,400,000 ・・ 650,000 380,000 272.0 100 
連中2009.09  1,566,910 ・・ 222,225 123,540 128.1 45 
連中2010.09予 1,650,000 ・・ 270,000 170,000 121.7 45-50 


(株)東洋経済新報社

★日経225先物情報 ★TOPIX先物情報 ★トレーダーズマーケット ★【割安銘柄】【割高銘柄】 日経225オプション取引
今日は大引けでTOPIXリバランス需給が多数発生/先物OP市場ウォッチ


この情報は

日経先物・オプション手口と建玉情報

http://nikkeijouhou.blog63.fc2.com/

にて掲載しています

上記にて閲覧下さい

 



[先物OP市場データ]
*07:31JST 先物OP手口コメント:4月27日
----
04月27日
先物(差引き上位5社)  売り         買い
日経225  6月限   岡三       -969     野村        +1236
                    マネックス    -795     JPモルガン  +1027
                    クレディS    -703     モルガンS   +347
                    NエッジJ    -305     BNPパリバ    +288
                    ドイツ      -283     バークレイ   +246

            9月限   岡三        -11     NエッジJ    +18
                    みずほ証券      -6     松井       +10
                    廣田         -5     楽天        +7
                    モルガンS      -5     SBI       +3
                    光世         -3     UBS         +1

日経ミニ   6月限   NエッジJ   -7692     BNPパリバ   +5674
                    マネックス   -4199     UBS      +5022
                    藍澤      -4003     ドイツ    +3988
                    光世      -3802     みずほ証券  +3778
                    楽天      -3577     GS        +3011

            9月限   SBI      -207     NエッジJ   +798
                    楽天       -173     カブドット    +78
                    松井       -165     光世       +60
                    岡三        -66     UBS        +20
                    マネックス     -64     TRADERS       +10

TOPIX  6月限   クレディS    -711     JPモルガン   +475
                    UBS        -364     三菱UFJ      +381
                    シティG     -343     みずほ証券   +348
                    のぞみ証     -340     NエッジJ   +116
                    GS          -109     BNPパリバ     +83

                 ※イブニング、スプレッド、立会外は含まない


OP(差引き上位5社)     売り                   買い
     10750 PUT 4月    NエッジJ    -655     GS        +1435
                      松井       -196     UBS       +129
                      クレディS    -138     岩井       +76
                      廣田       -111     ひまわり     +58
                      TRADERS       -100     JPモルガン    +54

     11000 PUT 4月    メリル        -472     モルガンS   +624
                      UBS        -190     GS         +313
                      NエッジJ    -165     クレディS   +152
                      インブロー    -101     楽天       +56
                      松井        -74     SBI      +42

     11250 PUT 4月    GS          -370     NエッジJ   +404
                      松井        -53     UBS       +177
                      みずほ証券     -51     モルガンS    +55
                      TRADERS        -49     インブロー    +45
                      SBI       -35     フォルティ    +12

     11500 PUT 4月    楽天        -41     UBS        +25
                      ソシエテ        -3     NエッジJ    +10
                      松井         -2     フォルティ     +7
                      TRADERS         -2     三菱UFJ        +6
                      ひまわり       -1     オリックス     +1

     11750 PUT 4月    -                     -

     10750 CALL 4月   NエッジJ    -103     松井       +78
                      UBS         -12     TRADERS       +25
                      インブロー     -11     カブドット    +10
                      ソシエテ        -9     楽天        +9
                      モルガンS      -9     ひまわり      +8

     11000 CALL 4月   NエッジJ    -130     松井       +52
                      インブロー     -46     UBS        +42
                      野村           -30     クレディS    +24
                      カブドット      -6     フォルティ    +23
                      豊証券        -5     ひまわり     +15

     11250 CALL 4月   クレディS    -433     NエッジJ   +532
                      GS          -266     三菱UFJ      +200
                      メリル        -132     松井       +96
                      UBS        -119     岡三       +67
                      オリックス    -104     東洋       +55

     11500 CALL 4月   NエッジJ    -504     シティG   +1000
                      UBS        -240     東洋      +191
                      ソシエテ      -155     そしあす    +100
                      メリル        -155     GS          +89
                      ドイツ      -100     東海東京     +41

     11750 CALL 4月   大和CM     -649     メリル       +558
                      NエッジJ    -299     UBS       +183
                      ドイツ      -201     岡三      +150
                      松井       -198     マネックス   +142
                      カブドット    -144     野村         +111

-----
先物OP手口コメント:4月27日
 指数は小幅続伸。朝方は小幅マイナス水準でのもみ合いを続けていたが、後場からは好決算を発表した銘柄の上昇とともに先物も徐々に切り返す展開となった。

 現物主導の展開となったこの日は日経225、TOPIXともに出来高は少なく(3月下旬以来1ヶ月ぶりの水準)、手口も特に目立つところはなかった。日経225の買いで上位となっている野村やJPモルガンも、売り手口が未発表のため見た目ほど傾いていない可能性がある。また、この日はCTA(商品投資顧問)による債先とのアビトラも少なかったようだ。一方、立会外では日経225でパリバの売りに対しニューエッジJの買いによる大口クロス(1500枚)があった(一部インデックス売買に伴うもの)。

 オプションのインプライドボラ(ATMからアウト5行使価格の平均)はほとんど変わらず(ヒストリカルボラは若干低下)。出来高は11750円コールの8千枚が最も多く、他のATM(アット・ザ・マネー)付近は4~7千枚程度となっていた。建玉はコールで減少、プットサイドで増加している行使価格が多かった。手口は11500円コールでシティGの買いと、10750円プットでGSの買いが目立ち、立会外では11250円コールでモルガンの売りに対しUBSとニューエッジJの買い(1000枚)、11500円コールでは逆にUBSとニューエッジJの売りに対しモルガンの買い(2000枚)による大口クロスがあった。《YU》

この情報は通常

日経先物・オプション手口と建玉情報

http://nikkeijouhou.blog63.fc2.com/

にて掲載されているものです

次回以降閲覧希望の場合は

上記にて閲覧下さい

 

日経プットオプション建玉残直近値5本 4/26

この情報は

日経先物・オプション手口と建玉情報

http://nikkeijouhou.blog63.fc2.com/

にて掲載しています

上記にて閲覧下さい

 

日経コールオプション建玉残直近値5本 4/26

この情報は

日経先物・オプション手口と建玉情報

http://nikkeijouhou.blog63.fc2.com/

にて掲載しています

上記にて閲覧下さい

 

日経先物建玉残情報 大口30社 4/26

この情報は

日経先物・オプション手口と建玉情報

http://nikkeijouhou.blog63.fc2.com/

にて掲載しています

上記にて閲覧下さい

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。